お知らせ:4月28日〜5月6日まで休業日とさせて頂きます。

トップページ中医学とは良くある症状店舗紹介声・体験談お問い合わせカートの中





坐骨神経痛の症状とは、口ではあらわせない辛さがある、と言われています。単に、
痛みが生じるのみではなく、どうしようもないもどかしさが伴うとされているのです。
さまざまな原因により、坐骨神経が刺激されることにより、臀部、下肢の後ろから足先
にかけて走る痛みのことです。症状の人それぞれです。

@朝起き上がるのがつらい
A腰を曲げると痛い
B歩き出す時は痛いけど、しばらく歩くと痛みが取れる
C長時間立っていると腰が痛くてつらい
Dお尻がいたい
Eお尻からふくらはぎにかけて、しびれるまたは痛い
Fひどくなると、立っていることも出来なくなってしまう


病院で受けた治療法は以下のものではないでしょうか?

@内服薬(消炎鎮痛剤)  A外用剤(湿布薬・貼り薬・塗り薬)  B神経ブロック注射
C牽引療法  D温熱療法  Eコルセット  F運動療法

坐骨神経痛に対する、病院(現代医学)の治療法が、本当に根本的な治療法になって
いるのかという疑問を、お持ちになったことのある方数多くいらっしゃると思います。

ぜひ一度漢方薬を試してみてください。